ソニー銀行カードローン審査 口コミ・評判

ソニー銀行カードローン審査のポイントだけでなく口コミ・評判や金利、審査時間、即日融資などのメリット・デメリットを紹介。

住信SBIネット銀行 ソニー銀行カードローン口コミ・評判による審査について

ソニー銀行カードローンは、アルバイト/派遣/パートでも借り入れできる!低金利の年2.5%〜13.8%。収入証明書の提出も不要(300万円までの借入の場合)。MAX800万円まで借入可。WEB10分で申込完了!


ソニー銀行カードローン審査のポイントだけでなく口コミ・評判や金利、審査時間、即日融資などのメリット・デメリットを紹介。

ソニー銀行カードローンのスペック一覧

住信SBIネット銀行Mr.カードローン■商品名正式名称
ソニー銀行カードローン


■商品名
ソニー銀行カードローン


■ご利用頂ける方
・年齢が満20歳以上〜満65歳未満の方。
・原則、毎月安定した定期収入のある方、もしくは、配偶者に定期収入があるの方。
※学生の方も、本人に収入がなく配偶者に安定的に継続した収入が見込める人も申込いただける。この場合、ご利用上限代金は10万円となります。
※すでに当社でカードローンをご契約中の人はお申し込みできません。


■契約期間
ご契約から1年(本契約成立日から1年後の応当日まで)となります。
※原則として、審査の上自動更新となります。
※評定の結果、ご契約の期限をもって更新をお断りさせていただく場合や、契約中であっても新規の借入の停止、または一時ストップをさせていただく場合があります。
※当社が特に認める場合を除いて、満70歳をもって更新をストップします。


■借り入れ限度額
10万円、20万円、30万円、40万円、50万円、60万円、70万円、80万円、90万円、100万円、150万円、200万円、300万円、400万円、500万円、600万円、700万円、800万円の18種類があります。
※使用限度金額は、当社所定の審査の上、ソニー銀行で決定。


■利用方法
(1)当社提携のATMによる借入れ。
(2)当社サービスサイト、テレホンバンキング(自動の音声案内)による、お客さまの当社口座へ振り込での借入れ。
※ATMでの借り入れにあたり、ATM利用の手数料が発生する時、この手数料はお借り入れ料金に合計します。これにより、現金出金可能料金は、ご利用限度金額からご利用残高もしくはATM使用手数料を差引いた額が限度となります。
※カードローンの申し込みと口座新設を一緒に手続きされる当社は、初回に限り、カードローン誓約と同時に当社以外の当社特定口座(ご本人さまご名義に限る)へ振込での借入れが利用可能。この場合、30万円、もしくは使用限度額の50%のいずれか低い料金が振り込み限度代金となります。


■実質年率
(実質年率)
2.5%〜13.8%
※実質金利は変動金利です。適用金利は金融状況等により見直しが入ります。


■利子
変動金利
※原則として、毎月1日に、市場利息の動向に対応して決定し、サービスサイトに表示する金利を適用いたします。なお、変更後の適用利息は、当該金利変更日の当日から適用となる。


■月々の返済額

契約返済日に、下表の毎月の返済額(元金と利息を合わせた一定額)を貴方の当社円普通預金口座より自動引き落としいたします。
毎月の返済代金はご利用限度代金にかかわらず、前月の誓約返済日のご利用残高により決定。
10万円まで:2,000円
10万円〜20万円以下:4,000円
20万円超40万円以下 6,000円
40万円超60万円まで 8,000円
60万円超80万円以下 10,000円
80万円超100万円以下:12,000円
100万円以上150万円以下:15,000円
150万円〜200万円以下 20,000円
200万円以上300万円以下 30,000円
300万円〜400万円まで:35,000円
400万円超500万円まで:40,000円
500万円超600万円以下 50,000円
600万円超700万円まで 60,000円
600万円以上800万円まで 70,000円
※誓約返済日の前日のご利用残高とこれにかかる利息の集計料金がこの「月々のご返済額」に満たない時は、当該利用残高およびこれにかかる利子の総計料金となります。
※利用状況により金利額が月々のご返済代金を過多する場合、過多する料金については、利用残高に加算となる。また、この場合、利用残高が貴方の利用限度額を過大することがあります。
※月々の返済料金は、当社の判断により変更することができる。


■遅滞損害金
年利14.6%(誓約返済日の翌日から計算します)。


■約定返済日
月々のご返済日は2、7、12、17、22、27の6つの日のいずれかから指定いただけます。
※契約返済日が土、日、祝日、そのほか法令で決定された銀行の休日にあたる場合は、当社の翌営業日が返済日となる。
※ソニー銀行にて他の借り入れがある時は、同一の契約返済日となります。したがいまして、本カードローンの約定返済日を変更した時は、ソニー銀行で誓約している他のすべてのローン契約の約定ご返済日も一律に変更しますので注意。
※月々のご返済日を変更された時は、540円(消費税込み)の手数料がかかる。


■随時返済
月々の返済のほかに、下記(1)と(2)のどちらかの方法により、任意の額を随時返済することが可能。
(1)サービスサイト
元金の一部を返済、または元金と利子を含んだ料金返済を選択可能。
(2)ソニー銀行提携のATMかテレホンバンキング(自動音声案内)
元金のみのご返済となります。


■必要書類
(1)300万円を超える利用限度料金申込みの場合、貴方の年収を確認できる資料のコピー(前年度のもの。以下のうちいずれか1通)を郵送あるいはFAXで送付願います。
申込
・源泉徴収票
・住民税決定通知書もしくは課税証明書
・確定申告書
・納税証明書(その1・その2)
(2)外国籍の人は、永住許可を受けていることが確認できる資料のコピー(以下のうちいずれか1通)を郵送またはFAXで送付願います。
・在留カード
・特別永住者証明書
※変更事項があるかたについては、両面ともコピーをご用意ください。
(3)カードローンの申込みと口座の開設を一緒にお手続きされる貴方が、契約と一緒にソニー銀行以外の人ご指定の口座(ご本人さまご名義に限る)へ振込みでの借り入れを選択された場合は、次のAまたはBを郵送あるいはFAXでご送付いただきます。
A.振込指定口座の普通預金通帳あるいはキャッシュカード券面のコピー
B.本人確認資料のコピー(以下のいずれか1通)
・各種健康保険証(共済組合員証は健康保険証に準じます)
・運転免許証
※金融機関名か支店名(もしくはそのコード)、預金種目、口座番号、口座名義がはっきりと写っているものを用意ください(これら以外の情報は塗りつぶしてください)。
※変更事項がある方については両面とも用意ください。
※本籍地が記入されている時は、塗りつぶしてください。
※本人確認資料は氏名、住所、または生年月日が記載されているものに限ります。
※審査等でソニー銀行が必要と判定した時は、上記以外の書類の提出を要求ありますので、あらかじめご了承ください。


■手数料
無料


■保証料
無料


■担保・連帯保証人
担保・連帯保証人どちらも要りません。


■提携信用情報機関の名称・住所・問合せ電話番号・ホームページアドレス
◆全国銀行個人信用情報センター
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
TEL:03-3214-5020
ホームページアドレス:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/

◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/


※審査結果、ご希望の借入額から減額させていただく可能性があります。
※また、提出の個人情報は戻してもらえないので、予めご理解ください。

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンTOP

 

 

キャッシング申込する時の申込書の記入で嘘をついてはダメ!

住信SBIネット銀行Mr.カードローンキャッシングの審査の前には申込のための申込書の記入をします。最初のキャッシング申込時には申込みフォームへの入力をしてから審査という流れになります。
あなたはそこで、『月収が低いとカードローン審査に通らなさそうなので、審査に落ちないように年収を多めに書いておこう』と、カードローン申込の時に誇大な情報を申し込みフォームに入力する方がたまにいらっしゃいます。
しかし残念ながら、これは絶対にしてはいけないことなのです。

『どうせ本当のことなどわからないだろう。』
と思ってのことだと察しますが、相手も多くの申込者を審査してきた専門家です。
過去の申込者の情報から、勤続年数や企業の大中小、年齢、経歴などから平均的な収入を把握しています。

さらに、金融機関には申込した後にオペレータによる電話の本人確認があり、そこでも申告した情報の確認があります
ですから、この平均値とあまりに異なっていれば、カードローン会社は『これは変だ』と判断するわけなのです。

これは年収以外のデータも同様ですので、申告時の虚偽の記載はほぼ金融機関側にヘタをすれば見つかってしまいます。
嘘の申し込みフォームへの入力をしたと一旦わかってしまえと、カードローン会社側としては絶対にお金を貸すことはないと言っていいでしょう。

もしも虚偽の情報を書かずに審査に申し込んでいれば、お金を借りられる、あまりに悪質だったり嘘が多かったりすると、信用情報へ要注意人物として報告されてしまい、他のカードローン業者でもキャッシングが不可能になってしまうかもしれません。
また、誇大な情報申し込みフォームへの入力のままお金を借りてしまうと、詐欺で訴えられてしまうリスクもなきにしもあらずです。

結論としては、誇大な情報申し込みフォームへの入力はするだけ自分の首を絞めるとも言っていいでしょう。
正直に申告して審査通過しないなら借りないぐらいの気持ちでいましょう。